浦島太郎

URASHIMA TARO (ENGLISH) Animation of Japanese Folktale/Fairytale for Kids

昔ばなしアニメ
キッズ向け

紹介

みんなが知っている昔話、浦島太郎。でも若干アレンジが加わっているみたいです。 竜宮城にいたから時の流れが早まった、というわけではなく、ある程度太郎の自己責任的な描かれ方がされているのが新鮮。 実はうつつを抜かしていると、何も成せないうちに年を取ってしまうよという教訓話だったんでしょうか。 太郎はカメを助けたいい奴なのに、なんだか不憫で不条理なお話です。

内容&感想(ネタバレあり)

0:08
村で暮らす青年、浦島太郎は海で魚をとって暮らしておりました。
0:37
さっぱり魚の釣れないある日、浜で子供達が騒いでいるのを見つけます。そこにはいじめられてぐったりした子ガメが。太郎はカメを連れ帰って元気になるまで看病します。翌日、元気になったカメを海に放してやる太郎。元気になるの早い。
1:52
数日後、漁に出ていた太郎は、海の中から名前を呼ばれるの聞きます。竜宮城からの使いだという大きなウミガメが現れ、先日のお礼がしたいから背中に乗ってくれ、と言います。
2:35
太郎はカメの背中に乗り(というか引きずられて)海の底へ・・竜宮城に着くと、美しい乙姫さまが。浜でいじめられていた子ガメは、乙姫さまだったのです!
4:43
乙姫の父、竜王も太郎にお礼を言います。王様らしい威厳のある話し方に注目。日本語の時と格の違う感じがします。
5:00
大層なもてなしを受ける太郎。シャワーとかは流石にないでしょ・・
5:18
ある日、「時を忘れる部屋」を紹介されます。一年分の楽しみを短時間で味わえる特別な部屋、でも入り浸ると大変なことに・・と言われます。
6:11
遊びまくる太郎ですが、ふと村での暮らしを思い出します。村に帰ると告げる太郎に、乙姫はお土産の玉手箱を渡します。これがあればまた竜宮城に来られる、ただし地上で決して蓋を開けてはいけない、と。。
7:11
村に戻った太郎。家は朽ち果て、村人は知らない人ばかり。地上では何十年も経っていたことを知った太郎は、忠告を忘れ玉手箱を開けてしまいます。するとあっという間におじいさんとなってしまい、一説には鶴となってどこへともなく飛び去って行ったそうです。
0.25
0.5
0.75
1.0
1.25
1.5
1.75
2.0
<︎️️
>︎
Both
単語をクリック → 辞書サイトが開く。 (複数クリック → 熟語も可能。)
0
10
Youtubeは無料で豊富なネイティブ英語に触れることができる、最高の英語学習ツールです。 「内容が面白い」「再生時間が長すぎずちょうど良い」「字幕が登録されている動画もある」「再生速度の調整ができる」・・等という点も英語学習に適しています。 VidEigoでは、このページのような、特に英語学習で役立つYouTutbe動画を紹介しています。 さらに、VidEigoのYoutubeプレーヤーは以下のような英語学習に最適化された機能を備えており、ストレスなく効率的に学習が進められます。 ・日英字幕同時表示 ・字幕送り戻し、再生速度が十字キーで簡単に調整できる。 ・字幕の英単語・熟語をクリックすると辞書サイトですぐに調べられる。 ・単語や熟語をノートに記録し、みんなで共有できる。 リスニング、シャドーイング、ディクテーション・・思うがままに英語練習をしましょう!
※ httpだと動画が再生しないトラブルがあるようです。その場合はURLのhttpをhttpsに変更してください。
✖︎
(Enterキーでも表示/非表示切り替え)