サイコパスのスコアとは

Strange answers to the psychopath test | Jon Ronson

TED
上級レベル

紹介

精神障害とは、何でしょうか。 1950年代にはほとんど診断されることのなかった「精神障害」ですが、 今では、たくさんの診断名がつけられています。 - 「精神障害」とは何なのか。 - 「サイコパス」とは何なのか。 「精神科医の診断は本当に正しいのか」という疑いから始まり、 普通のジャーナリストが、サイコパス診断の免許を取り、サイコパスについて考察していくというお話です。 人間はいろんな面を持っている、だからこそ、診断することは難しいのだ、 と思わせられる、そんなお話です。

内容&感想(ネタバレあり)

0:30
1950年代にはほとんど診断されることのなかった「精神障害」 今では374個もの診断名があります。
1:55
精神医学に興味が出たため、 精神医学に批判的な人「サイエントロジー信者」に会いに行くことにします。
2:30
「サイエントロジー信者」によると 狂ったふりをするのがうますぎて、ブロードモア刑務所に収容された人がいるとのことでした。
4:00
ブロードモア刑務所に、その人に会いに行きます。 彼はトニーといいました。 彼は本当に正気に見えました。トニーは言います「自分は正気である」と。 また、「正気」であることを証明するのは、「異常」に見せることより難しいとのことでした。
7:20
トニーを診断した精神科医によると、トニーは「サイコパス」であるとのことでした。 サイコパスの人は一見正気に見えるが、正気に見えることこそが、 狂気のしるしであるとのことです。 精神科医の診断の難しさを痛感します。
9:40
そして、資本主義の中で、成功している人たちには、 「サイコパス」が多いと考えられています。
10:35
おそらく、「サイコパス」であると考えられる、 「チェンソー・アル」に会いに行きます。 予想通り、彼はサイコパスの診断リストに全て当てはまりました。
14:00
「サイコパス」について考えていくにつれ、 人にはいろんな面がある中で、異常なところを見つけて、 「サイコパス」というレッテルを貼っているだけではないか、という疑問が頭をよぎります。 「サイコパス」である、とは、本当にどういうことなのでしょうか。 資格を取っても、専門家になっても、本当のところはわかりません。
16:00
時は過ぎ、ブロードモアのトニーは刑務所から解放されます。 しかしながら2年後、けんかをして再びトニーは、逮捕されます。 そして改めて、トニーは「半分サイコパス」であると、考えます。 人間には、そして社会には、「グレーエリア」存在すると考えるのです。 「サイコパス」である、とレッテルを貼ってしまうことは簡単ですが、 そうではなく、考え抜いた末に、 「グレーエリア」、「サイコパス」と言い切れない面も存在する、という結論に至った点がすごいと思います。 人間は簡単に言葉で表せないものであると、改めて思いました。 考えさせられる動画です。
0.25
0.5
0.75
1.0
1.25
1.5
1.75
2.0
<︎️️
>︎
Both
単語をクリック → 辞書サイトが開く。 (複数クリック → 熟語も可能。)
0
10
Youtubeは無料で豊富なネイティブ英語に触れることができる、最高の英語学習ツールです。 「内容が面白い」「再生時間が長すぎずちょうど良い」「字幕が登録されている動画もある」「再生速度の調整ができる」・・等という点も英語学習に適しています。 VidEigoでは、このページのような、特に英語学習で役立つYouTutbe動画を紹介しています。 さらに、VidEigoのYoutubeプレーヤーは以下のような英語学習に最適化された機能を備えており、ストレスなく効率的に学習が進められます。 ・日英字幕同時表示 ・字幕送り戻し、再生速度が十字キーで簡単に調整できる。 ・字幕の英単語・熟語をクリックすると辞書サイトですぐに調べられる。 ・単語や熟語をノートに記録し、みんなで共有できる。 リスニング、シャドーイング、ディクテーション・・思うがままに英語練習をしましょう!
※ httpだと動画が再生しないトラブルがあるようです。その場合はURLのhttpをhttpsに変更してください。
✖︎
(Enterキーでも表示/非表示切り替え)